肝のSOSかも?

櫻井理紗カウンセラー

 

年度末は何かとバタバタ忙しい。

買い物から帰って、キッチンで一息していたら、
娘から「お母さんまた疲れた~って言ってる」と言われました。

「え?お母さん今疲れた~って言ってた?」。。。
娘「うん」と渋い表情。。。

 

最近何だか疲れが取れなくて朝から気だるかったり。
何だか憂うつだったり、イライラしたり。

そういうときは、肝臓の機能が低下しているかもしれません。

肝臓はアルコールや薬、ストレスに影響を受けやすいけれど、
“沈黙の臓器”と言われるように、
なかなか症状が現れにくく、
健診で指摘されて初めて肝臓が疲れていることに気付いたりもします。

本当は疲れてるけど、まだまだ大丈夫って自分に言い聞かせていませんか?
最近「つかれた~」と、溜息をつくことが増えていませんか?

食べることは“身体”だけでなく“心”にも栄養を与えてくれます。
なかなか疲れがとれないときは
「3食きちんと食べれてるかな」「栄養のバランスはどうかな」と
日々の食事をちょっと気にして、自分自身を労わってあげてくださいね。

⇒心を安定させる食習慣

 

今日の夕飯

〇【我が家の定番メニュー】キャベツとベーコン、あさり、鱈のバター醤油蒸し
産後、産院のシェフが「栄養が豊富だから産後の身体の回復にすごくいいんです」と作ってくれた料理です。
あさりとベーコンの旨味とバターの優しい風味がキャベツと鱈に染み込んで美味しいですよ。
すごく美味しかったので、あれから10年以上経った今でも我が家の定番メニューです。

〇ホタテとアスパラガスとマッシュルームのアヒージョ仕立て
アスパラガスは、安眠に働きかけるGABAや疲労回復によいアスパラギン酸が含まれているし、サラダにも、おつまみにも合うのでよく使います。

 

投稿者プロフィール

櫻井理紗
櫻井理紗心理カウンセラー・看護師
看護師として心療内科で得た知識とこれまでの経験を生かし、相談者様が今抱えている悩みや不安を軽減していけるようサポートさせていただきます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

窓の色は何色?

次の記事

10年の軌跡